税務トピックス」カテゴリーアーカイブ

法人市民税の均等割

安藤税理士法人の山田です。均等割とは、所得にかかわらず資本金や従業員数に応じて課税されるもので、赤字であっても納める必要があります。また本店だけでなく支店や工場等がある場合、その所在地の都道府県や市区町村でも納付しなけれ … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 山田, 税務トピックス | コメントする

所得拡大促進税制の改正

安藤税理士法人の加藤です。平成30年度の税制改正によって今年度も様々な改正が行われました。やはり目玉は特例事業承継税制でしたが、所得拡大促進税制についても判定方法や計算方法が大きく変わりました。 1.大法人 <従来の要件 … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 加藤, 税制改正, 税務トピックス | コメントする

収入印紙の形式改正

安藤税理士法人の山田です。収入印紙とは国庫収入となる租税・手数料その他の収納金の徴収のために政府が発行する証票で、取引などで生じる契約書や領収書、申請書などに貼付します。この収入印紙の形式が平成30年7月1日から偽造防止 … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 山田, 税務トピックス | コメントする

年末調整過納額の処理

安藤税理士法人の土屋です。事業者は従業員へ給与を支払う際、所得税を源泉徴収し、従業員に代わって国へ納付する義務があります。年末調整では、その源泉所得税を再計算し、過不足を精算します。 年末調整によって年度中に徴収し納付し … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 土屋, 税務トピックス | コメントする

中古資産の耐用年数について

中古車、中古の建物、中古の機械などを購入して事業の用に供した場合には、新品の耐用年数ではなく、耐用年数を短くすることが可能です。耐用年数が短くなると、資産を早く経費処理することが可能となり、資産の購入金額を早く回収できる … 続きを読む

カテゴリー: 代表ブログ 安藤, 税務トピックス, 節税対策, 起業支援・開業支援 | タグ: , , | コメントする

所得と消費税の関係

安藤税理士法人の加藤です。事業を行う個人は、原則として2年前の課税売上高が1,000万円を超えると課税事業者となり、消費税を納めなければなりません。しかし、その消費税は全ての取引に課せられるわけではなく「国内において事業 … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 加藤, 税務トピックス | コメントする

カジノの税金

安藤税理士法人の山田です。2016年12月にカジノ法案(IR推進法)が施行されました。最も大きなメリットとして観光客の増加による経済効果です。反対にギャンブル依存症や治安の悪化が問題視されており、その対策として入場料の徴 … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 山田, 税務トピックス | コメントする

資本金と税務上の取扱の関係

安藤税理士法人の加藤です。現行の会社法では資本金1円で会社を設立することが可能です。実際に資本金1円で会社を設立というのはあまり現実的ではないのですが、かつては資本金1,000万円又は300万円必要だった頃と比べると設立 … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 加藤, 会社設立, 税務トピックス, 起業支援・開業支援 | コメントする

国際観光旅客税

安藤税理士法人の山田です。観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための財源を確保する観点から、国際観光旅客税が創設され2019年1月7日以後の出国より1人あたり1,000円が課税されます。原則として、船舶または … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 山田, 税務トピックス | コメントする

休眠預金等活用法

安藤税理士法人の山田です。2018年1月より休眠預金等活用法が施行されました。2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金等(休眠預金等)は民間公益活動に活用されることとなります。ただし、財形貯蓄や … 続きを読む

カテゴリー: スタッフブログ 山田, 税務トピックス | コメントする