中古資産の設備投資で節税対策

設備投資をする際、押さえておきたいポイントは、新品は償却が長く中古は償却が短いということです。すなわち中古資産の取得は節税効果があります。

たとえば、自動車の償却年数は新品ですと6年ですが、これが4年落ちの中古車となると償却年数が短くなり2年になります。

さらに償却年数2年の定率法における減価償却率は1.0ですので、仮に4年落ちの中古車を期首月(決算月の翌月)に購入すれば、その期に購入金額全額(1円の備忘価額は残る)が経費に計上できることになります。

中古資産は新品より安く購入できますし、新品より早く費用になりますので、早く償却して決算に反映させたい場合などは、中古資産の選択もお勧めですね。

カテゴリー: 節税対策, 起業支援・開業支援 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です