個人事業者の廃業による事業承継と消費税

前回ご紹介したケースは、個人事業者(父)が亡くなり相続人(子)が事業を相続した場合の消費税の取り扱いでした。今回は個人事業者(父)が引退し、子供に事業を引き継ぐ場合における消費税の取り扱いについて説明します。

親の消費税の納税義務

基準期間の課税売上1千万円超、または「課税事業者選択届書」が提出済みの方は、廃業年も消費税の申告が必要です。あわせて税務署へ「事業廃止届出書」を提出しておきましょう。

子の消費税の納税義務

新規開業の扱いとなるため、基準期間はありませんので、事業を引き継ぎした初年度は消費税の納税義務はありません。翌年以後は通常の納税義務判定となります。

親の廃業による事業承継か、相続による事業承継かにより、事業承継者の消費税の納税義務が変わります。ご注意下さい。

カテゴリー: 起業支援・開業支援 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です