緊急事態宣言の再発令に伴う経済産業省による支援措置の拡充

緊急事態宣言の再発令に伴う中堅・中小事業者に対する支援措置の拡充が経済産業省ホームページ等で公表されました。
https://www.meti.go.jp/covid-19/kinkyu_shien/

当支援措置では、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受けた中堅・中小事業者に対して、以下の支援が行われます。

1.売上の減少した中小事業者に対する一時支援金の支給(支給額の拡充)
法人は60万円以内、個人事業者等は30万円以内の額を支給。
 
2.「中小企業等事業再構築促進事業」に「緊急事態宣言特別枠」を創設
事業規模に応じた補助上限の範囲内で、補助率を中小企業3/4(通常枠:2/3)、中堅企業2/3(通常枠:1/2)に引き上げ。さらに、通常枠より迅速な審査・採択が行われるとともに、特別枠で不採択の場合でも、通常枠で再審査を受けることが可能。
 
3.持続化補助金(中小企業生産性革命推進事業)の要件緩和
補助金総額に占める感染防止対策費の上限を通常1/4以内(最大25万円)から1/2以内(最大50万円)に引き上げる。

*いずれも、3月にjGrants(電子申請)で公募開始される予定です。

カテゴリー: お知らせ, コロナ対策, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です