スマホで確定申告が出来るようになります

安藤税理士法人の加藤です。個人で確定申告を行う人が増加していることに対して、納税手続きの簡素化を図る目的で、平成31年1月から所得税の確定申告がスマホで出来るようになります。以前もスマホで申告書を作成する機能自体はありましたが、使い勝手が良くなかったためオススメできるようなものではありませんでした。それが、給与所得者で医療費控除やふるさと納税の寄附金控除を適用する場合はスマホで確定申告が完結できるようになります。

1.事前の準備

「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2通りから選択します。

マイナンバーカード方式とは、ICカードライタでマイナンバーのデータを読み取ることで本人確認を行う方法をいいます。IDやパスワードの入力が不要になるため便利なのですが、あらかじめマイナンバーカードを発行しICカードライタを購入する必要があります。

ID・パスワード方式では、事前に税務署で取得したIDとパスワードを入力することでスマホ申告を行うことができます。IDとパスワードは税務署で職員と対面による本人確認を行った上で発行するため、本人確認書類(免許証など)を持参して事前に税務署に出向く必要があります。

2.申告の手順

スマホ申告の手順はパソコンで行う申告とほとんど同じです。国税庁HPにある「確定申告書作成コーナー」で必要事項を入力して、e-Taxでそのまま送信するか書面で出力して郵送で提出することで完了します。

確定申告時期の税務署は非常に混雑しているため、ID・パスワード方式を選択する方は発行を年内に済ませておきましょう。一度発行すれば翌年以降も利用が出来ますので、実際に出向くのは一度限りで済みます。

カテゴリー: スタッフブログ 加藤, 税務トピックス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.