企業財産包括保険

安藤税理士法人の土屋です。経営者は会社経営に際し様々なリスクに備える必要があります。その方法の1つとして損害保険があります。今回は「企業財産包括保険」についてお話しします。

会社で建物を購入したり、高額資産を取得した場合、災害等に備えてそれらの資産を対象にした保険に加入することは非常に重要です。

しかし資産を購入するたびに新たに保険に加入するのは手間ですし、何口もの保険を平行していると、いざ損害を被った際に手続きが分かりにくい可能性もあります。

そういった面倒を解消するのが、会社保有の複数の物件を一括管理できる「企業財産包括保険」です。1つの保険契約・1枚の保険証書で会社が所有する事務所や店舗、商品在庫などをまとめて補償することが可能なので、保険管理が簡単になります。

また追加物件や変動する在庫を自動的に補償対象とすることができるため、保険の契約漏れの心配もありません。物件の損害だけでなく、事故による利益の減少や営業継続費用などの間接的な損害も補填することが可能です。

地震や火事だけでなく、豪雨による浸水や落雷などの災害、盗難による損害、落下や衝突など対象となる事故は多岐ですが、必要な範囲をカスタマイズすることもできます。

安心して事業を営むためにも、保険の加入は不可欠です。複数店舗等を所有している場合はこの「企業財産包括保険」が便利です。保険会社によって内容は様々なので、各々会社に合った保険の検討をお勧めします。

カテゴリー: スタッフブログ 土屋 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.