つみたてNISAが始まりました

安藤税理士法人の加藤です。2018年1月から「つみたてNISA」が開始します。2014年に開始した従来のNISAよりも少額の積立てで手数料も低額に抑えることが出来るため、さらにハードルが低くなっているのが特徴です。概要をご紹介します。

1.対象商品

厳しい基準を満たした公募株式投資信託とETFに限定されています。

2.非課税対象

投資から得られる分配金・譲渡益が対象になります。

3.非課税投資枠

年間40万、最長20年間なので最大で800万円の枠が設けられています。

4.その他のメリット

・投資において無視できないのは手数料の存在です。主に信託報酬と販売手数料の二つがありますが、つみたてNISA対象商品は信託報酬が低く、ノーロードと呼ばれる販売手数料なしの商品に限定されています。

・自動的に買い付けてくれますので手間がありません。

5.注意点

・投資買付にはドルコスト平均法を用います。これは相場の変動に関係なく支払金額が一定になりますので長期的にはリスクヘッジになりますが、短期的には安く買い付けることもあれば、高値で掴んでしまうこともあります。

・買付ける商品は金融庁が厳選した銘柄に限られているとはいえ、元本割れのリスクは避けられません。

・NISAと同様に非課税投資枠の余った枠は翌年以降に持ちこむことが出来ません。

・利用できるのは20歳以上の方のみです。0歳~19歳の方はジュニアNISAの利用が可能になっています。

・所有できる口座は1人1口のみです。

・通常のNISAとつみたてNISAは併用ができません。いずれか一方を選択する必要があります。

つみたてNISAは従来のNISAに比べて非課税投資枠は小さいものの、リスクや手数料などが抑えられていて、分散投資・長期保有に適した仕組みになっています。昨年は仮想通貨を始めとした投資に注目が集まりましたが、今年は更に輪をかけて投資の熱が高まる1年になりそうです。

カテゴリー: スタッフブログ 加藤, 税務トピックス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.